花育は右脳の活性化に繋がる!!

「花育って知ってる?」

私の友人に尋ねてみると、

「知らない」「聞いたことない」「なにそれ?」と、

9割「初めて聞いた」と返事がきます。

 

確かに私自身フラワーセラピーのお仕事を始めるまで「花育」という言葉聞いたことなかったかも。

「花育は身近なもの」

私が住んでいる福岡市では「一人一花運動」を推進しています。

福岡市に住んでいる方は、可愛いステッカーを見たことある方も多いと思います。

「一人一花運動」とは、

「市民・行政・一人ひとりが、 公園や歩道、会社、自宅など、 福岡市のありとあらゆる場所での花づくりを通じて、人のつながりや心を豊かにし、まちの魅力や価値を高める、花によるまちづくりを目指す取り組み」です。(http://hitori-hitohana.city.fukuoka.lg.jp/about/ より抜粋)

「一人一花」を合言葉に、みんなの想いや力で福岡を花と緑でいっぱいにしていきましょう。

という素敵な取り組みです。

 

地域や企業、団体の中で大人から子供まで一緒に花づくりに取り組むことで、あらゆる世代間でミュニケーションがとれ、健康づくり、癒し効果、豊かな心を育むことに繋がっていくことを目的としています。

 

「一人一花運動」 これって 「花育」(*^_^*)!!

 

「花育」という言葉を知らないだけで、知らず知らずのうちに「花育」は身近にあるのかもしれませんね。

「花育とは」

花育は、

季節の色彩豊かな花に触れることで右脳を活性化させる遊びのことです

「右脳を活性化」することで得られるメリットは、

  1. もともとその人に備わっている好奇心を目覚めさせたり、潜在能力を引き出すことができる。
  2. 情緒的な側面や感性を高める効果。
  3. 応用力に繋がる「ひらめきの力」を引き出すことができる。

などの良い効果ばかり。

大人は勿論ですが、子どもにとって「花育」は、

心の成長にとても有効なものだと考えています。

第一に、生き物への興味、命の大切さを育むことができます。

そして、

自然に触れ、感動したことを表現できるようになり、情報の引き出しがたくさんできていきます。

結果、ストレス耐性が備わり困難なことが乗り越えられるようになります。

 

大人になったときに時に、花育ではぐくんだ豊かな心が、きっと助けになってくれると思います。

 

ぜひ、花育を生活に取り入れていきましょう!!

例えば、

お散歩やアウトドア、キャンプに出掛けた時に、土、花、草、虫など自然に触れてみたり、

花や草を見て、

「わぁきれい!!」

「へんな形だね~」

「どんな香りがするのかな」

「この花の名前ってなんだろう」

と感じたことを表現していく。

ただ、それだけです。

 

一緒に「花育」始めませんか。

 

*「花育」おススメの講座はコチラ

https://ciliegio-fiore.com/course/

 

カテゴリーblog