グリーン(緑)色の植物がもたらす心理的効果

フラワーアレンジメントやブーケに使われている華やかな花の傍には必ずと言っていいほどグリーンが添えてあります。

グリーンは、主張し過ぎず、他の花と調和し、グリーン以外の花を際立たせてくれる存在です。

そんな控えめで温和なグリーン(緑)について、

今日はお話したいと思います。

グリーン(緑)が持つイメージ

自然界のエネルギーを身近に感じさせてくれる

「心身の癒しのカラー」です。

 

グリーン(緑)色の効用

明るい黄緑は新芽のようなフレッシュな感覚を、

深い緑は、安定感や落ち着きを与えてくれ色です。

 

副交感神経に働きかけ、目の疲れや、心身の緊張をほぐしてくれます

心身の緊張がほぐれると、血流、胃腸、肝臓などの内臓機能の働きを活発にし、

細胞をイキイキとさせてくれます。

 

疲れている時に心身のバランスを整えてリラックス感をもたらしてくれます

バランスや調和の色であるため、和みや協調的な空気を作ります。

その反面、エネルギッシュな行動や自主性を抑制してしまうことがあるので、バイタリティーが必要な時期には、自分の身の回りにグリーンが多すぎることがないように気をつけましょう。

グリーン系の花の効用

フラワーアレンジメントやブーケにグリーンが入ることによって、

他の色を引き締めたり、際立たせたりする効果があります。

「バラ」

心にある迷いや不安を処理する能力を高めてくれ、

シンプルに物事を捉えられるようにしてくれます。

「カーネーション」

自分の中の強すぎる個性や偏った性格に働きかけ、

全体的な調和をもたらしてくれます。

「アジサイ」

感情を落ち着かせ、人間関係に協調が取れるように促してくれます。

「テマリソウ」

物事を難しく考えてしまう状態に気楽さを与えてくれ、

前に進めるように助けてくれます。

「ブプレリウム」

バランスを崩してゆとりがなくなっているいる時に、ゆるやかにバランスを回復させてくれます。

「ヒペリカム」

ポジティブな思考をもたらします。

例え目立たない小さな成果でも、一つ一つ積み重ねることを大切にできるようになります。

 

緑色の花の効用はいかがでしたか。

思いがけない出来事や災害で心を痛めている友人や

緊張が続いている大切な人へプレゼントするとき、

グリーン(緑)を意識して花を選ばれてみてはいかがですか。

きっと、グリーンが安心感を与え、緊張を解きほぐしてくれますよ(^^)

 

「癒し」をテーマに、

フラワーアレンジの技術と心理的効果を学ぶことができる「フラワーライフセラピスト」、「花育講座」はこちらから。

劇団四季「ライオンキング」と「9月」

上演20周年を超えたロングラン記録を更新中の劇団四季「ライオンキング」を観て来ました。

物語は、ライオンキングのテーマでもある「生命の連鎖」を意味する「サークル・オブ・ライフ」を呪術師のヒヒ・ラフィキが歌い上げ、

動物たちがあちらこちらから登場し、一瞬でアフリカ・サバンナの壮大な世界へと引き込まれていきました。

 

父・ムファサからシンバへと受け継がれていく「命の尊さ」

ムファサからシンバへと伝えられる

「自然の営み」、

「全ての生命を尊重すること」、

「全ての命は太陽のように昇り、いつか沈む時が来る」、

「過去の偉大なる王(先祖たち)はお前の中に生きている」。

シンバの叔父・スカーが感じている

「人生の不公平さ」

 

たくさんの言葉や想いが心に沁みました。

 

 

私にとって、

一年の中で特別な「9月」

10年前の9月、想像もしていないタイミングで大切な人を亡くしました。

こういう事を書くとき、「あっという間の10年でした」と書きたいところですが、

私にとって10年は、とても長くて苦しかったです。

10年経った今、大切な人を想う気持ちや淋しさは1mmも変わっていませんが

 

「感じ方」や「捉え方」は変わりました。

 

10年前の私は

「なんで、どうして!!!」「納得いかない」

などと、人生の不公平さを強く感じて、怒りで悲しさや淋しさを埋めていました。

 

だけど少しずつ、

「何も変わる必要なはい」

「想いを全て抱えていきていこう」

「私のこころの中に居ていつも一緒にいる」

こんなふうに受け止められるようになりました。

 

想いの強い「9月」に「ライオンキング」を観たこと、

私にとって有意義な時間となりました。

 

最後に

イボイノシシの「プンバァ」とミーアキャットの「ティモン」の博多弁のセリフに爆笑し、

幾度となく繰り返されるカーテンコールに全力で拍手・喝采を送り、

今日は背中と腕がパンパンです。

 

 

*グリーフケアカウンセリング、フラワーセラピーは随時受付けています。

https://ciliegio-fiore.com/therapy/

フラワーエッセンスは心のサプリ

現在、フラワーエッセンスは英国王室ほか多くの欧米諸国で親しまれている自然療法です。

フラワーエッセンスとは

花のエネルギー、癒しのパワーが溶け込んだエッセンスです。

フラワーエッセンスは医薬品のように病気や症状に直接作用するものではなく、

感情や気分、気質、性格など内面的なものに効果的に働きかけ、

ポジティブな状態へと促してくれる働きがあります。

フラワーエッセンスの由来

約4年万年前、西オーストラリアの先住民族アボリジニーは、

朝露のついた花びらを食べて心身を癒していたと言われています。

それは、夜の間に花びらに少しずつ溜まった朝露が、

太陽の陽射しを浴びることでその花のエネルギーを朝露に蓄えると考えられていたからです。

現在のフラワーエッセンスの体系は、

イギリスの医師であり細菌学者であるエドワード・バッチ博士(1886~1936)によって確立され、

現在の「フラワーレメディ」「フラワーエッセンス」と呼ばれるようになりました。

 

DTWフラワーエッセンス

現役医師であるカナダ人のDr.テリー・ウィラード(以下、DTW)は、

今までに200種類以上のフラワーエッセンスを開発しています。

その中で特に、現代の日本人の感情に合わせたフラワーエッセンスをセレクトしています。

 

こだわりぬいたDTWフラワーエッセンス

DTWフラワーエッセンスは、大自然がそのままで保たれているロッキー山脈の中でも、

特に高いエネルギーとヒーリング効果で知られているStormMt.の湧水をベースに使っています。

また、保存剤として使用されているのは、

欧米で安心・安全の代名詞である「korsh」製のココナッツグリセリンです。

そのため、ニオイの敏感なペットや赤ちゃんにも安心して使うことができます。

 

DTWフラワーエッセンス:シングル(36種類)

一つの花から作られたフラワーエッセンスです。

36種類あるフラワーエッセンスの中から今の状態に合わせたフラワーエッセンスをセレクトします。

ネガティブな感情を緩和し、ポジティブな状態へと促します。

1~5種類ぐらいを選びブレンドして使う事も可能です。

自分の感情に合わせたオリジナルブレンドで、より高い効果が得られます。

DTWフラワーエッセンス:フォーミュラー(10種類)

効果を最大限に引き出すようにセレクトされたフラワーエッセンスを

数種類ブレンドしたものです

何を選んでよいのかわからない方や

初心者の方におススメです。

 

 

夏の疲れが溜まっているみなさん、

フラワーエッセンスで心のデトックスをしましょう。

 

カウンセリング付フラワーエッセンスのご相談は随時お受けしています。

お問合せは、こちらから

https://ciliegio-fiore.com/contact/