劇団四季「ライオンキング」と「9月」

上演20周年を超えたロングラン記録を更新中の劇団四季「ライオンキング」を観て来ました。

物語は、ライオンキングのテーマでもある「生命の連鎖」を意味する「サークル・オブ・ライフ」を呪術師のヒヒ・ラフィキが歌い上げ、

動物たちがあちらこちらから登場し、一瞬でアフリカ・サバンナの壮大な世界へと引き込まれていきました。

 

父・ムファサからシンバへと受け継がれていく「命の尊さ」

ムファサからシンバへと伝えられる

「自然の営み」、

「全ての生命を尊重すること」、

「全ての命は太陽のように昇り、いつか沈む時が来る」、

「過去の偉大なる王(先祖たち)はお前の中に生きている」。

シンバの叔父・スカーが感じている

「人生の不公平さ」

 

たくさんの言葉や想いが心に沁みました。

 

 

私にとって、

一年の中で特別な「9月」

10年前の9月、想像もしていないタイミングで大切な人を亡くしました。

こういう事を書くとき、「あっという間の10年でした」と書きたいところですが、

私にとって10年は、とても長くて苦しかったです。

10年経った今、大切な人を想う気持ちや淋しさは1mmも変わっていませんが

 

「感じ方」や「捉え方」は変わりました。

 

10年前の私は

「なんで、どうして!!!」「納得いかない」

などと、人生の不公平さを強く感じて、怒りで悲しさや淋しさを埋めていました。

 

だけど少しずつ、

「何も変わる必要なはい」

「想いを全て抱えていきていこう」

「私のこころの中に居ていつも一緒にいる」

こんなふうに受け止められるようになりました。

 

想いの強い「9月」に「ライオンキング」を観たこと、

私にとって有意義な時間となりました。

 

最後に

イボイノシシの「プンバァ」とミーアキャットの「ティモン」の博多弁のセリフに爆笑し、

幾度となく繰り返されるカーテンコールに全力で拍手・喝采を送り、

今日は背中と腕がパンパンです。

 

 

*グリーフケアカウンセリング、フラワーセラピーは随時受付けています。

https://ciliegio-fiore.com/therapy/

カテゴリーblog